楽天モバイルの格安スマホの月額料金や評判について

楽天モバイルの月額プランと解約

楽天モバイルのご利用料金についてご紹介していきます。今のスマホ代の月々の料金と比べてみると、通信費を安くできるのか読んで下さい。それでは、早速、楽天モバイルに申し込むと、どのようなプランが用意されていて、契約完了までにどのくらい費用が必要なのか具体的に説明します。

料金

楽天モバイルの月額プランは、SIMは大きく2つに分類する事ができ、データ通信だけのものと、データ通信と音声通話のものに分かれています。070/080/090の番号が使えるのが、音声通話ができるSIMなので、今までと変わらずに電話がかけられるので、携帯電話として利用することが多い方は、必ず音声通話付きのSIMカードを選択してください。くれぐれもデータ通信専用SIMと間違わないように注意してください。音声SIMの料金は、低速使い放題のベーシックプランで、1,250円、3.1GBプランで1,600円、5GBプランで2,150円、10GBプランで2,960円、20GBプランで4,750円、30GBプランで6,150円となっています。

データ専用SIMの料金は、低速使い放題プラン:525円、3.1GBプラン:900円、5GBプラン:1,450円、10GBプラン:2,260円、20GBプランで4,050円、30GBプランで5,450円です。

低速通信速度(200Kbps)が使い放題のプランがベーシックプランで、それ以外のプランはヘビーユーザーでも安心のドコモの262.5MbpsLTE高速回線が使えるプランになっています。初期費用は3.240円ですが、端末も必要な場合はプラス端末代もかかります。

契約縛り

楽天モバイルの解約制限と解約違約金について、まとめましたので、ご紹介します。利用期間の規定はデータSIMにはありません。解約する時期がいつでも、手数料が取れられないのは嬉しいサービスですね。一方、音声通話SIMについては、12ヶ月という、最低限利用すべき期間が定められています。仮に、1年以内に契約を解除するのであれば、9800円も、解約するのに手数料がかかってしまいます。大手キャリアと違って、契約期間が自動更新されず、13ヵ月経過した時点で違約金を支払う必要がなくなるので、その点は有難いことですね。

楽天モバイルの気になるポイント

楽天モバイルとは、格安SIMや格安スマホを取り扱っているサービスでMVNOの一つです。一般的な携帯電話会社からの乗り換えで契約すれば、毎月のスマホ代金もぐんと安くなることが想定されるサービスです。なんと月々わずか1,250円で利用できるという格安SIMが大変話題になっています。信頼の高いドコモ回線を使っている楽天モバイルは、通話品質、サービスエリアもNTTドコモの利用時と全く変わりません。また、楽天モバイルのユーザーには見逃せない特典がありまして、それは、契約が続く限り楽天市場でのショッピング時にもらえるポイントが2倍になるのです。実に充実したサービスぶりですね。前置きはこの辺にして、楽天モバイルの料金やデータ通信に関してまとめましたので、お楽しみにどうぞー。

docomo同エリアの格安SIMサービス

楽天モバイルはドコモの回線を使用しています。NTTドコモの回線を利用しているという事は、通話品質もNTTドコモと同じという事で、対応エリアが広く、圏外も少ないので、安心して使えます。楽天モバイルはNTT docomoのスマホであってもSIMカードを変更することでそのまま使うことができます。スマホをお持ちでない方やこれを機に機種変更をされたい方のために、楽天モバイルはセットでの販売も用意しています。docomoのスマホを利用している方であれば、SIMカードを契約するだけで使うことができますので、わざわざ、スマホを追加購入する必要はありません。ドコモの信頼感や広範囲の通話環境などを考えて安心して、格安契約できるということでお得な情報ですよね。

格安スマホの種類が豊富すぎる

楽天モバイルを利用する場合対応する端末が必要になりますが、今お持ちのスマートフォンが対応端末でない場合には、新たに端末を購入することで利用を開始することができます。楽天モバイルで購入できるスマホは、特徴的なのが種類の多さで、他のMVNOよりも選択肢が豊富です。タブレットも多く取り扱っているため、スマホでは小さい、、、!という人にもオススメです。唯一の弱点を挙げるとすれば、端末購入代金の分割払いは、楽天カードでの分割払いのみ可能なことです。もし、契約時に楽天カードをお持ちではない場合、本体の代金は購入時の一括払いとなります。本体をセットで買うならば事前に楽天カードを作っておくのがお勧めです。それでも他のMVNOよりも本体の種類が多いという点は、選択肢の幅が広いので大変魅力的ですよね。

データ通信料の翌月繰越し対応!

データ容量はプランによって異なりますが、実際にはあまり利用せず、データ使用量が残ってしまうという時もあると思います。しかし楽天モバイルを利用していれば、余った分のデータ容量を、次の月に繰り越すことができます。残念ながらこういった繰越サービスを実施していない企業も未だあるなか、余ったデータ容量を繰り越せるというのは楽天モバイルを選択する理由の一つとなります。格安のサービスであるとはいえ、データ通信量の無駄はもったいないので効率良く使いたいですね。

通話料金が半額!楽天でんわ

「楽天でんわ」は楽天モバイルのサービスで、通常の通話料が半額になります。IP電話とは異なるもので、プレフィックス型の電話サービスのため、こちらの電話番号を相手側にちゃんと通知ができます。もちろん、相手方には、普段使っている携帯番号が通知されます。ですので、電話に関して何の違和感もありません。IP電話のほとんどは、発信者番号が通知されなかったり、050の番号が相手に表示されるので、けっこう使いづらいです。しかし、楽天でんわですと、とても使いやすくなっています。また、楽天でんわでかかる通話料も楽天ポイントとして加算されるのでとてもお得になっています。

5分かけ放題オプション

auやドコモ、Softbankといったキャリアは、どこにかけても通話料無料という料金プランがある一方、格安スマホが売りのMVNOは通話し放題プランにまで対応しきれていないのが現状です。MVNOが出している格安スマホにはかなり惹かれるんだけど、かける回数が多いから電話代が跳ね上がりそうで心配だという人もいるでしょう。そんな人にもってこいのサービスが始まったのです。今回、楽天モバイルでは、月々850円のオプションで国内通話が5分間、回数制限なしで無料になるという新サービスがはじまりました。こちらのオプションは電話回線を利用しており、楽天でんわと一緒で、番号通知サービスもできるので、不審に思われることなく、5分間が通話し放題になるという利点があります。他にもNifMoで話し放題のプランがありますが、これだと発信者番号の通知ができないケースも多々あるようです。楽天でんわを普通に使うと、だいたい1分で21.6円となるので、1回の通話時間が短い通話(5分以内)を毎月複数回(約10回以上)する方には、楽天モバイルの「5分かけ放題オプション」はとても魅力的ですよね。

最初の1ヶ月は料金が無料

SIMを楽天モバイルにおいて契約した場合、最初の1ヶ月はタダになります。ここでひと月目とは、お手元にSIMカードやスマホ本体が届いた日の月のことを指します。もしも1日に届いたら、その月あと30日分ずーっとタダ!ただ、現在お使いの携帯料金の支払いや解約手数料もありますので、月初めに届くことを逆算し、契約される事が、必ずしもお得になるとは限りません。

楽天モバイルの通信速度

楽天モバイルの回線は、最大で225Mbpsの高速回線です。これはドコモの回線と同じです。通信速度については、ドコモと同じ回線なので、通信速度についての不安はなさそうですね。docomoと同じ回線が格安で使えるというのは、楽天モバイルのいちばんの長所です。将来的にMVNOや格安スマホはどんどん普及していきそうですね。

楽天モバイルの通信制限

どのMVNOにおいても一緒ですが、全ての利用者に偏りのない通信サービスを提供するため、データ通信を使いすぎている利用者に速度制限をしていました。速度を制限する基準には直近3日間のデータ通信量が用いられ、あらかじめ定められた通信量を超過した場合について、速度制限が適応され、通信速度が遅くなるよう設定されていましたが、嬉しいことに、直近3日間での通信制限が撤廃されました!要するに、楽天モバイルでは、直近3日の通信料を気にする必要は、皆無です。安心してください!

いま開催中の限定キャンペーン