mineo(マイネオ)の格安SIMの月額料金や速度について徹底調査

ケイ・オプティコムの格安SIMの月額料金と解約

mineoの料金プランや速度について、解説していきます。今、ご利用中のスマホの料金と比べて、どの程度の料金を節約することができるのか、計算してみてください。それでは、早速、mineoの料金プランの詳細をチェックしていきましょう。

mineoの料金プラン・初期費用

mineoの月額費用は、データ通信のみが出来るSIMとデータ通信も通話も出来るSIMの2種類分かれておりそれぞれ料金が異なります。音声通話機能付きのSIMだと、090や070、080の番号の普通の携帯電話の番号が使えるので、今まで通りに携帯電話としても利用したい時は、データ専用SIMを選択すると使えませんのでご注意ください。音声通話SIMの料金は、Aプラン(AU回線)が500MBで1,310円、1GBで1,410円、3GBで1,510円、5GBで2,190円、10GBで3,130円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MBで1,400円、1GBで1,500円、3GBで1,600円、5GBで2,280円、10GBで3,220円です。

データ専用SIMの料金プランは、Aプラン(AU回線)が500MBで700円、1GBで800円、3GBで900円、5GBで1,580円、10GBで2,520円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MBで700円、1GBで800円、3GBで900円、5GBで1,580円、10GBで2,520円となっています。

mineoの違約金

mineoの解約制限と違約金について、まとめましたので、ご紹介します。mineoは解約する期間に縛りがないMVNOになるので、mineoを解約するときに、手数料などを取られることがありません。違約金のことを考えずに、気楽に格安スマホを試せるという点で、mineoはサービスと品質に自信があるのでしょう。解約金フリーってとっても嬉しいMVNOです。解約には手数料は不要ですが、MNP転出をする場合には(12ヶ月以内)手数料として12,420円を請求されます。音声通話プランのご契約を考えてる方は、気をつけた方がいいでしょう。

mineoって?

mineoは格安スマホサービスを展開する会社のひとつで、docomoとauのキャリア回線が利用できます。スマホをキャリアからmineoに乗り換えると、月々のスマホの料金がかなり安くなります。月々1,310円という低価格で利用出来る格安スマホサービスとして人気となっています。mineoは、マルチキャリアと言って、docomoの回線でもauの回線でもどちらでも使うことができます。docomoやauと同じ電波エリアや音声品質で利用できるので、とてもお得なサービスですね。前置きはこの辺にして、mineoのキャンペーン情報からMNP情報まで、すべてをまとめました。mineoの良い所、悪い所を分析してみました。

docomoとAU回線網を利用した格安SIMサービス

格安スマホサービスのmineoはdocomo回線、AU回線を利用出来るプランを用意しております。MVNOですから、音声通話の品質もdocomo、AUと同じで、電波のエリアもほとんど一緒です。回線がdocomoやAUの為、docomo・AUのスマホであれば、そのまま活用出来、新しいスマホを購入するお金や手間も要りません。新しくスマホを買い替えずに済むので、余計なお金がかかりません。もちろんmineoで販売されている格安スマホを支払い分割で購入して利用する事も出来ます。安定したキャリア回線を安い価格で利用できますし、docomoの回線を使うか、AUの回線を使うか、自身の携帯や状況に合わせてどちらか好きな方のプランにて契約をすることが可能です。2つの回線は月額料金が若干異なりますので、それぞれ比較しつつ、検討してから契約すると良いかもしれません。

VoLTE(ボルテ)専用プランあり

mineoではVoLTE対応のプランが用意されています。「VoLTE」は、従来の音声通話の音質を改善した、高速データ通信ネットワークでの音声通話を可能にする技術の名称なのです。今までの音声通話では、300Hz?3.4kHzの周波数の音声でないと感知することができませんでした。しかしVoLTEでは50Hz〜7kHzまで拾うことができるようになり、より自然に近い状態で聞き取れるようになりました。つまり、この広帯域のカバーにより「聞き取りやすい」高品質な通話環境を実現しているのです。mineoの大きな魅力のひとつが、このVoLTEに対応しているということです。

データくりこしにも対応

mineoだと、高速通信容量の翌月繰越しにも対応しており、毎月使うデータの量がバラバラの方にとっても、それほど気にせずに使用できるということです。

mineoスイッチを活用して通信量を圧縮!

mineoスイッチという名前の機能がmineoには設定されており、自分で通信速度を高速か低速に切り替えられます。必要以上にデータ容量を消費せずに済むので、便利な機能ですね。mineoスイッチを使って公衆無線LANを併用することで、さらに格安な通信量のプランでも対応できるでしょう。mineoなら、もう月々のスマホ代に頭を悩ませる心配はないでしょう。

mineoのインターネット速度

mineoの通信スピードがどのくらいあるのか数字を示して解説します。docomoの回線を利用したプランは、225Mbpsの高速回線で、AU回線のAプランでも225Mbpsの通信サービスになっています。あらゆるメディアで比較されていますが、特に昼間や夜といった利用者が多い時間は、キャリア契約の回線の通信速度に軍配が上がります。常に高速・安定を重視した通信が必要な方には、キャリア契約しか選択肢は無いと言えるかもしれません。キャリアと同様の回線を利用するのに、月額料金が安いことが魅力ですから、この様な点も考慮すると、mineoなどのサービスは一考する価値があるものだと思います。

マイネオ AU回線プラン帯域制限

どのMVNOにおいても一緒ですが、多くの利用者が同様に快適な通信を利用できるように、データ通信を使いすぎのユーザーには速度を抑える措置をとっています。これは、三日前から今日までの通信利用したデータ容量から計算し、決められた容量を超過した利用者に対して、速度制限措置が取られます。200Kbpsの速さとなります。3日あたりの通信容量がパックプランの容量未満になれば、通信速度制限は自動的に解除されます。通常の利用の範囲内であれば、なかなか対象にはならない制限でしょう。mineoでは、契約プランごとの規定値は規定されていないようで、Aプランは、全プラン共通で3日で3GBが規定値に設定されているようです。

mineo Dプランにおける3日間制限

mineoのdocomo回線プランでは、直近3日間のデータ通信量に対する速度制限はないです。毎日の通信量に大きな波があることが事前に予測できる場合は、AプランよりもDプランを選んだほうが、この3日間の利用制限を気にせず使えます。これらに関しても、どちらのプランが適切か比べてみてください。

【締切間近】キャンペーン!!